離婚する前に知っておきたい こんな事あんな事!

離婚したい!とは言っても、
離婚前に何を準備すればいいのだろうか?
日本では法律婚主義を採用しているから、
思っているだけでは、
どんなに別居期間が長かろうと、
いつまでたっても法律上の夫婦仲は・・・
離婚は一定の手続きを行うことで、はじめて離婚が成立します。

2007年に年金分割制度が始まり、
熟年離婚予備軍の離婚する夫婦の数は益々増え始めています。
離婚をするためには、どういうことが必要でなのか・・・?
どうすれば離婚ができるのか・・・?離婚の手続きの方法、費用?、どこに相談?を、
子供や親への報告方法などを離婚届けを提出する前に
知っておかなければいけないことなどをご紹介していきます。
離婚する前に知っておきたい こんな事あんな事!トップ

スポンサードリンク

離婚する前に知っておきたい こんな事あんな事!:新着情報

離婚と探偵

(離婚と探偵)

離婚問題と探偵事務所を結び付けて考える方は
そんなに多くはないと思いますが、
実は探偵事務所への離婚相談は非常に多く、
特に離婚原因が浮気(不貞行為)によるものは、
探偵による事実を立証する為の証拠が必要不可欠なのです。



・無料相談の利用

離婚の知識がそれなりにあっても実際に、
いざ離婚となれば誰でも悩み苦しむものです。
特に女性が夫に一方的に突きつけられた離婚などは、
自分自身どうしていいのかもわからず困惑と
精神的ダメージによる体調不良なども起こしてしまう
ケースも少なくありません。

家族や友人に相談できる相手がいれば多少気持ちも
落ち着くかもしれませんが、
それで全てが解決するという事でもないはずです。

しかし、探偵事務所の無料相談を利用する事で、
これから先離婚問題にどう対応するべきなのか、
また今、自分が出来る事は何なのかなど前向きに
離婚問題へ対応する事が出来るカウンセリングを
受けることが可能です。


・離婚を前提とした浮気調査

相手の浮気が原因で、自分自身離婚の意思は
   すでに固まっている状態で浮気調査を行うという例は
   多くあります。
この場合、離婚意思を相手に伝える前に
   浮気調査を行う必要があります。

   調査によって得た確定的な浮気の事実は相手に
   不貞行為を認めさせることの出来る重要な証拠となります。
この証拠があれば貴方にとって離婚は優位に
   進めることが出来ます。

特に慰謝料や親権問題について話し合う際は、
   当然貴女の要求や請求が通りやすくなるでしょう。

ただし、離婚意思を相手に伝えてしまったり、
   別居をしてしまってからの調査となると
   相手の警戒も強くなったり
   証拠の重みが軽減される事もありますので、
   早めに調査を行う事をお勧めします。


・慰謝料請求の為の証拠収集

慰謝料請求をする為には、請求に対する根拠が必要です。

例えば、相手の浮気による慰謝料請求であれば浮気の証拠、
暴力などによる原因であればその暴力を受けたという証拠が
それにあたります。

最初から相手が原因となる行為に対して
全面的に認めているのであれば、
このような証拠は必要ありませんが、
相手が認めない場合、
最初は認めていたけど後になって認めなくなった、
一部は認めるけど別の部分は認めようとしないなど
真実をねじまげようとする場合、
慰謝料にも影響されてしまいますので
きちんとした対応が必要です。

慰謝料は自分が受けたダメージを癒す為に必要なものであり、
また今後、自分自身が一からやり直す為の重要な資金です。
相手の嘘や偽りの証言で得られるはずの額を
減額される事のないようにしっかりと証拠を用意するべきです。

・探偵事務所への依頼方法

離婚に関係する相談事や離婚調査の依頼は、
直接探偵事務所へご連絡下さい。

専門のカウンセラーが、貴女にとって
一番良い離婚の進めめ方や必要となる証拠資料、
慰謝料の請求についてなど細かくお応えしてくれます。

一人で悩む事はさけて、できるだけ
相談をする事をお勧めします。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。